バストのコンプレックスはみんな手術で治せます

胸のサイズが気になる…

自分のバストをもっと大きくしたい、逆に大きすぎて肩がこったり将来垂れ下がってしまうのが嫌なので適度な大きさにしたい…などの悩みも美容整形で解決します。特に豊胸手術の方は、自分の血漿や脂肪などを使うこともできますし、メスを使わない方法も充実していますよね。バストを縮小させる方法は、バストの下垂を改善したい場合にも用いられますし、バストのアンチエイジングをしたい人も行っているんですよ。サイズは自由自在ですね。

モントゴメリー腺を取る

乳輪を自分の希望の見た目にすることもできますよ。乳輪のサイズや色を変えることができるので、遊んでいると誤解されたくない…!という人もこれで安心!乳輪のぶつぶつのようなものはモントゴメリー腺と言いますが、これがたくさんあると見た目がよくないと気になる人も多いんですよね。これはイボなどを除去するのと同じような感覚で除去しながら、極細の糸で縫合します。施術時間もわずか10分ほどの、とても簡単な手術なんですよ。

乳房にハリを取り戻す

バストは年齢とともに下がっていくもの。サイズが大きければ大きいほど、垂れてしまいがちです。でもいったん垂れてしまったバストも余分な皮膚や組織などを減らすことで、若かった頃に近い見た目に戻すことができます。バストがどれだけ垂れているか、サイズを変えてしまってもいいかなどで選択される手術法が異なるのでよく担当医師と相談してくださいね。乳房吊上術の場合は、バストの中で余分な皮膚を取るのでサイズは変わりません。

クリトリス包茎の手術は保険がききません。そのため実際に陰核がどのような状態になっているか医師による診断を経ないと正確な手術費はわかりません。