日本男子の悩みの種!包茎について考えよう

包茎の特徴(リスク)とは!

包茎にも種類があり、一般論では自分で皮を剥いでみて剥ける人は仮性包茎、それができない人は真性包茎となります。とくに真性包茎の人は洗いずらく、汚れがたまりやすいので性病のリスクが高くなります。そういった点からも包茎は女性に受け入られにくく、不潔という印象が強いです。また、刺激に弱く早漏になりやすかったり、亀頭が成長しにくく短小になりやすかったりします。真性包茎は手術することができるので治すことができます。

真性包茎の手術とは?

包茎手術をする前に、信頼できる病院を見つけることが大事です。カウンセリングや説明を受けて信頼できるか見極めましょう。患部の診察もしないで金額を提示してきたり、カウンセリングする人が執刀医でない場合は注意した方がよいかもしれません。包茎手術料金は病院の泌尿器科では保険が適用されて、20,000~50,000円程度の金額になります。包茎専門のクリニックで手術した場合は150,000円程度の金額になります。クリニックのほうが病院よりも仕上がりが良いため、このような料金の差になっています。

包茎に対する女性の反応!

包茎を悩んでいる男性は多いですが、女性はどう思っているのか気になります。仮性包茎だと剥いて洗えるので不潔ということもなく、むしろ日本人の7割は仮性包茎なので気にならないという女性が多いようです。しかし、真性包茎になると話は別で、臭いし、不潔で性病の心配もあるし、早漏だし、短小だしと散々な言われようです。そこまで言われると男性側としても、自分に自信がなくなってしまいコンプレックスになってしまいそうです。手術をすることでコンプレックスがなくなるなら、それも手ですね。

仮性包茎は皮を手で剥くことができる程度の状態を指します。手を使えば簡単に露出させて中を洗うことができるため、勃起した際に亀頭が露出するのであれば特に問題は無いとされています。