災害時の燃料確保!事前の準備が企業の急務

自社内で大量に長期間の備蓄が行えるか

燃料を備蓄するところとして、タスタンク、石油タンクなどがあります。これらは石油会社、ガス会社などが利用者に供給するためのもので、自社工場などに設置されることは少ないとされます。石油やガスは、ひとたびトラブルがあると大変なことになります。一定量の保存はできますが、法律によって規制がされています。企業はBCP対策として、法律の限度内での備蓄を行う必要があります。自社の敷地内であったり、分散させる必要があります。

災害が起きてから燃料会社に依頼可能か

燃料を使って工場を稼働している会社では、燃料のサプライヤーから供給を受けるでしょう。この供給方法に関しては、日常的な供給が基本契約になっています。では、災害などがあったときにどうなるかです。BCP対策として特別な契約をしていれば、優先的に供給してもらえる場合があります。一方、特に契約をしておらず通常の契約のままの場合、通常の供給が受けられない場合があります。対策として、緊急時の配送に対応してもらう必要があります。

幅広い燃料確保が可能な業者に依頼

ガス会社といえば、それぞれの地域ごとにあります。将来的にはガスの自由化で、利用者はいろいろなガス会社を選べるようになります。今の現状としては、近くにある会社などから供給を受けることになるでしょう。石油の供給も同様の体勢になる可能性があります。BCP対策として燃料の貯蓄をするとき、業者に確保や配送を依頼することがあります。この場合は、全国に拠点を持つところなどを活用した方が良いでしょう。同じ地域だとその会社もダメージを受けている可能性があるからです。

BCP対策とは事業継続計画と訳され、自然災害等の非常時において、企業がいかに被害を最低限に食い止めながら事業を継続していくかを示した、具体的な行動マニュアルのことです。